さまざまな債務整理の方法について

月刊誌の折込チラシ、ゴシップ紙、街中にある広告やDMで「借金の片付け任せなさい」「多重負債を一括化したくありませんか」などのアピールを読むことがありますよね。

そのようなものは、「整理屋」「買取専門人」「つなぎ業者」という名の悪徳業者の詐欺広告のケースがあるということなのです。

それらを依頼した場合では破産の中で最も重要な免責認可を受けられなくなる恐れが存在します。

「整頓屋」というのは、広告などで借金のある人をおびきよせ、高額の費用をもらって債務整理をしますけれど、結局のところ整頓は行われないまま、もっと債務スパイラルにはまってしまうことがほとんどと思われます。

「買取業者」の場合は、債務者の借金で家電、電車のチケットなどを買い入れさせて、債務者から購入した品々を売値の20%あるいは額面半値で買取るというやり方です。

負債者はそのときはキャッシュがもらえますが、いつかカード会社による購入物の催促がくることになり、実際は借金額をアップさせるだけです。

クレジットカード企業への詐欺であるということになり免責許可を手に入れられません。

「紹介人」の場合は、大口の消費者金融から拒絶された債務者に対し業者としては提供はしないでおいて、融資をしてもらえる関係無い企業を呼び出し、高い紹介料を出させる会社です。

紹介人は自分のつなぎで金貸し可能になったように報告しますが何もしないままただ調査の甘いサービスを把握しているというだけなのです。

この場合でも本当は債務を増大させるだけです。
借金 生活苦